体験施設一覧
精進料理を本場のお寺で学べる
みょうしんじ とうりんいん 「てんさいりょう」

寺社体験|精進料理
 075-463-1334
〒616-8035 京都市右京区花園妙心寺町59

 大本山妙心寺の塔頭の一つです。仏教の教えを守り、魚や肉などを避け、野菜を中心に作る食事を精進(しょうじん)料理といいます。京都では日常のおかずを「おばんざい」といいますが、精進料理はいわば「寺のおばんざい」。2〜3品を調理する体験ができます。自然の恵みに感謝する禅の心にふれてみましょう。
島原の吉野太夫ゆかりの寺で坐禅
じょうしょうじ

寺社体験|坐禅・法話
 075-492-6775
〒603-8468 京都市北区鷹峯北鷹峯町1

 和歌や書にすぐれ、江戸時代に評判の高かった京都・島原の吉野太夫(よしのだゆう)ゆかりの寺で、坐禅と法話体験ができます。この辺りは当時、芸術家や文化人らが集う「芸術村」で、吉野太夫らが交流を深めました。吉野太夫が寄進した山門は「吉野の赤門」として知られています。
枯山水の名園で感じる禅の精神
だいとくじ ずいほういん

寺社体験|坐禅・茶道
 075-491-1454
〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町81

 大徳寺の塔頭(たっちゅう)の一つで、キリシタン大名大友宗麟公(おおともそうりんこう)の菩提。茶道と坐禅の2つの体験コースがあります。「独坐庭」(どくざてい)・「閑眠庭」(かんみんてい)の枯山水(かれさんすい)の名園や茶室などを見学しましょう。
紫式部に思いをはせる写経体験
ろざんじ

寺社体験|法話・写経
 075-231-0355
〒602-0852 京都市上京区寺町広小路上ル

 平安時代に源氏物語の作者、紫式部の邸宅があった跡といわれます。境内には白い砂と緑の苔(こけ)とのコントラストが美しい「源氏の庭」や、紫式部の歌碑があります。法話と写経の体験ができ、物語を書いている紫式部の姿に思いをはせながら、法話に耳を傾け、写経の筆をとれば、よい思い出になることでしょう。
牛若丸の息吹漂う霊山で写経
くらまでら

寺社体験|写経
 075-741-2003
〒601-1111 京都市左京区鞍馬本町1074

 後に源義経となって平家と戦った牛若丸が、夜な夜な天狗から兵法などを習ったという伝説で有名です。境内には修行の途中に飲んだという息つぎの水、奥州へ下るときに背を比べたという石、御魂をまつる義経堂など、ゆかりの史跡が点在しています。美しく豊かな自然の中、筆をとり、心静かに写経を体験しましょう。体験場所は山門そばの修養道場です。
坐禅体験で自己をみつめなおす
こううんじ(なんぜんじぜんせんたー)

寺社体験|坐禅・法話など
 075-751-7949
〒606-8446 京都市左京区南禅寺北ノ坊町59

江戸時代に時の後水尾天皇の中宮となられた東福門院(徳川家康公の孫にあたる和子)を中興開基とする南禅寺の境外塔頭(たっちゅう)で南禅寺禅センターを兼ねています。体験内容は、その由来と坐禅堂として使用している仏殿についての解説後、坐禅の仕方の説明、15分の坐禅を2回してから法話15分という1時間のコースで、坐禅初心者でも可能です。オプションとして抹茶(500円)と写経(1,000円)もあります。
一字一字に心をこめて写経を奉納
さんぜんいん

寺社体験|写経・法話
 075-744-2531
〒601-1242 京都市左京区大原来迎院町540

 写経と法話が体験できます。写経場にて仏の教えの言葉を書き写します。これに自分の名前を添え書きして奉納します。法話の内容はお時間・ご希望等ご相談ください。三千院は洛北・大原の里にあり、仏教の宗派の一つ、天台宗を起こした最澄(さいちょう)が比叡山に開いた草庵が始まりといいます。
葵祭の舞台で雅楽鑑賞
しもがもじんじゃ かもみおやじんじゃ

寺社体験|雅楽・王朝舞鑑賞など
 075-781-0010
〒606-0807 京都市左京区下鴨泉川町59

 平安京よりも古い歴史を持ち、葵祭(あおいまつり)の舞台としてよく知られます。伝統音楽の雅楽(ががく)を聞き、代表者数人が演奏を体験できます。その後で、くわしい説明を聞きながら十二単(じゅうにひとえ)の着付けの見学と王朝舞の鑑賞が楽しめます。夜の幻想的な体験は、一生の思い出となるでしょう。
広大な神苑で自然の営みに触れる
へいあんじんぐう

寺社体験|合唱などの奉納
 075-761-0221
〒606-8341 京都市左京区岡崎西天王町

 平安京に遷都して1100年目を記念して明治時代に建てられました。社殿を囲んで広大な神苑が広がり、四季折々に風光明媚な趣を見せるとともに、神々しい風景を織りなしています。その神苑で自然の営みに触れることができます。学生には大極殿(だいごくでん)の前で合唱などを発表して、日ごろの練習の成果を奉納することもできます。
ミステリアスな血天井の由来を知る
ほうせんいん

寺社体験|抹茶体験など
 075-744-2409
〒601-1241 京都市左京区大原勝林院町187

 客殿の柱と柱の空間を額縁に見立てて鑑賞する「額縁庭園」、池の形を鶴、築山を亀に見立てた鶴亀庭園などが有名で、美しい庭園を前に、抹茶体験ができます。関ヶ原の戦いの前に、伏見城で徳川側の武士ら数百人が豊臣側の大軍に攻められ自ら命を絶ちましたが、その時の血と脂が付いた床板が遺築され、天井にして祭られています。団体予約すれば、血天井の由来について説明が受けられます。
「清水の舞台」で清掃体験
きよみずでら

寺社体験|清掃体験
 075-551-1234
〒605-0862 京都市東山区清水1丁目294

「清水の舞台」で知られ、四季を通じて修学旅行生や観光客が多く訪れます。仁王門や三重塔など重要文化財の建物が多い境内の清掃を体験できます。まず清掃の心構えを教わり、実際に寺で行っている清掃を一緒に行います。心身ともにすがすがしい気持ちになることでしょう。
坐禅体験と親しみやすい法話
けんにんじ

寺社体験|坐禅・法話
 075-561-6363
〒605-0811 京都市東山区小松町584

 建仁寺は鎌倉時代、中国から禅をもたらした栄西という僧が建てました。今でも禅の道場として人々の信仰を集めています。栄西は、みんなが普段飲んでいるお茶を、日本に伝えた人としてもよく知られています。この寺では坐禅と法話が体験できます。法話は僧が自分の体験にもとづいて話すことが多く、親しみやすい内容です。
静寂の禅寺で坐禅体験
けんにんじ りょうそくいん

寺社体験|坐禅
 075-561-3216
〒605-0811 京都市東山区花見小路四条下がる四丁目小松町591

祇園に位置する京都最古の禅寺、建仁寺。その中にある両足院では、坐禅体験を行うことができます。説明時間を長めに設定するなど、初心者の方にも不安なく参加できるように工夫しています。広く坐禅に関心のある方を受け入れています。朝粥やヨガの体験も。
秀吉を思うねねの心に感動
こうだいじ

寺社体験|坐禅・法話など
 075-561-9966
〒605-0825 京都市東山区下河原町526

 「ねね」と呼ばれた、豊臣秀吉の妻の北政所(きたのまんどころ)が、秀吉を弔うため建てた寺です。ここでは、坐禅や法話、茶道を体験します。貴重な建築物が多く残り、このうち霊屋(おたまや)という建物の中に描かれた蒔絵(まきえ)は、高台寺蒔絵として有名です。
600年の歴史の写経道場
せんにゅうじ うんりゅういん

寺社体験|写経
 075-541‐3916
〒605-0977 京都市東山区泉涌寺山内町36

 雲龍院は泉涌寺の塔頭です。写経道場として600年の歴史があるといわれ、体験はもちろん写経です。

 重要文化財に指定されている本堂で、薄い墨で書かれた般若心経(はんにゃしんぎょう)というお経を筆でなぞります。その後、苔(こけ)の庭を鑑賞しながら抹茶と菓子をいただきます。
般若心経の写経と抹茶体験も
ちょうらくじ

寺社体験|写経など
 075-561-0589
〒605-0071 京都市東山区円山町626(円山公園東南奥)

 観光客の多い円山公園の奥にあり、仏教の教えを簡潔に説いたお経の般若心経(はんにゃしんぎょう)を写し書きし、抹茶体験もできます。仏教の宗派の一つ天台宗を開いた最澄によって建てられましたが、現在は一遍上人開宗の時宗になっています。本尊は最澄が彫ったと伝えられる観音像で、歴代天皇の即位の時だけに公開される秘仏です。
禅堂での坐禅で「自己の確認」
とうふくじ

寺社体験|坐禅
 075-561-0087
〒605-0981 京都市東山区本町15丁目778

 鎌倉時代(嘉禎2年 1236年)、奈良の東大寺と興福寺にならって建てられました。完成に19年もかかったという大寺院で、寺の名前も両寺院から一字ずつ取って付けられました。多くの文化財があり、重要文化財の禅堂で坐禅体験ができます。「自己の確認」など坐禅に際する心構えの指導もあり、自分の生き方を見直す機会となるでしょう。
神域で自己をみつめる坐禅体験
とうふくじ しょうりんじ

寺社体験|坐禅・写経など
 075-561-4311
〒605-0981 京都市東山区本町15-795

東福寺の塔頭寺院で、室町時代末期の天文19年(1550年)に創建された。本堂は近衛家の大玄関を移して建立。東福寺の鬼門に位置し、本尊として仏法と北方の守護神として知られる毘沙門天を祀ることから「東福寺の毘沙門天」と呼ばれている。通常非公開の寺院であり秘仏毘沙門天のいる神域で自己を見つめなおす坐禅などができます。初心者でも安心して参加できます。
後白河院 今様うたの寺
ほうじゅうじ

寺社体験|写経・坐禅など
 075-561-4137
〒605-0941 京都市東山区三十三間堂廻町655

 平安時代の終わりごろ、後白河法皇は天皇の位を退いた後も権力を握り続け、「院政」を行いました。そのゆかりの寺で、写経と坐禅を体験してみましょう。法皇は今様(いまよう)という当時の流行り歌を好み、自らも後世へ伝えるため『梁塵秘抄』という書物をまとめられました。今様についての解説や法話、歌も聞けます。
仏教の教えを説く説教が聞ける
ようげんいん

寺社体験|法話
 075-561-3887
〒605-0941 京都市東山区三十三間堂廻町656

秀吉の側室・淀殿が、父の戦国武将・浅井長政らを弔うために建てました。現存する本堂は、淀殿の妹にあたるお江様が再建されたものです。桃山時代から江戸時代初めの画家・俵屋宗達(たわらやそうたつ)が描いたという杉戸絵(重要文化財)は、美術の教科書にも載っている貴重な作品です。
優しく迎え入れてくれる大きな観音様
りょうぜんかんのん

寺社体験|坐禅・法話など
 075-561-2205
〒605-0825 京都市東山区高台寺下河原町526-2

 第二次世界大戦の後、戦争で亡くなった人たちの慰霊のために建てられました。緑の東山を背景に、白く大きな観音像が優しく迎えてくれます。坐禅と法話の体験とともに、抹茶も飲んでいただけます。坐禅で心身を引き締め、法話で心を静めた後、正しい作法を学んで抹茶をいただき、心が解きほぐされます。
小町の伝説にイメージふくらむ
ずいしんいん

寺社体験|写経・写仏
 075-571-0025
〒607-8257 京都市山科区小野御霊町35

 絶世の美女とうたわれた平安時代の歌人・小野小町(おののこまち)ゆかりの寺です。小町にはさまざまな伝説が残り、境内には小町にちなむ史跡もあります。写経と、仏の姿を描く写仏体験ができ、小町の気持ちを思いうかべながら心を集中させましょう。必要な用具はすべて準備されているので、初心者も気軽に体験できます。
癒しの空間での写経体験
かんのんいん ことばぎゃらりー

寺社体験|写経
 075-861-8550
〒616-8426 京都市右京区嵯峨二尊院門前往生院町5-2

静かな奥嵯峨に観音院という寺院があります。お寺の向かいの、住職白石慈恵尼のことばが展示されている「ことばギャラリー」内の写経道場では、落ち着いた雰囲気の中で、どなたでも写経を体験することができます。わずかな時間でも体験できますので、京の散策の折に是非お立ち寄りください。
平安貴族も鑑賞した月の名所 皇室ゆかりの寺院
きゅうさがごしょ だいほんざんだいかくじ

寺社体験|写経
 075-871-0071
〒616-8411 京都市右京区嵯峨大沢町4

 般若心経(はんにゃしんぎょう)というお経を書き写す、写経の体験ができます。平安時代、時の帝であられた嵯峨天皇様が、疫病で苦しむ民の平安を願われ、弘法大師様のお勧めにより浄書されたそのお写経は、60年に一度しか開封されない『勅封般若心経』として大覚寺に奉安されています。その由縁から大覚寺は、心経写経の根本道場として参拝者の皆様にお写経をご体験いただいております。
座禅・法話体験の他、抹茶の作法も学べる
みょうしんじ たいぞういん

寺社体験|坐禅
 075-463-2855
〒616-8035 京都市右京区花園妙心寺町35

大寺院の敷地内にある小寺を塔頭(たっちゅう)といいます。退蔵院は妙心寺の塔頭の一つで、禅の基本を学ぶ(1)坐禅と法話、(2)お抹茶の作法を教わる体験ができます。退蔵院が所蔵する室町時代の国宝「瓢鮎図(ひょうねんず)」は、ひょうたんでナマズをつかまえようとする老人を描き、禅の精神を説く絵として有名です。
住職が宿泊先の旅館やホテルまで来てくれる
きょうとたびきかく(たいけんぷらんじしゃへん)

寺社体験|出張坐禅
 075-394-4551
〒615-8107 京都市西京区川島北裏町74

座禅の目的は「心中のイメージに囚われずに、あるがままの自分を感じる」ことです。普段の生活では体験することのない座禅の世界を、住職さんが宿泊先の旅館やホテルなどの希望する会場へ出向いてくださり、指導してもらえます。法話と座禅が同時に体験できます。また洋室の場合はイス座禅も可能です。
「源氏物語 花の庭」に四季の趣
じょうなんぐう

寺社体験|抹茶体験など
 075-623-0846
〒612-8459 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7

 平安京の南に守護神としてまつられた城南宮。その広大な神苑「楽水苑」は、「源氏物語 花の庭」とも呼ばれ、四季折々の花が楽しめます。苑内の茶席では抹茶をいただくことができます。団体(20人以上)で事前に予約すれば、祭典行事が無い日時には平家物話の舞台となった城南離宮や鳥羽・伏見の戦い発端の地となった歴史など神社の由緒について神職による説明が聞けます。
びわ湖眺望と精進料理のやどり
えんりゃくじかいかん

寺社体験|坐禅など
 077-578-0047
〒520-0116 大津市坂本本町4220

伝教大師最澄上人により天台宗の総本山比叡山延暦寺が開かれました。総本山の根本中堂は境内で最大で国宝世界文化遺産に指定されています。その近くにある会館は、延暦寺を訪れる人の宿泊のための施設で写経と坐禅の体験ができます。また、仏教の作法の指導や修行の意味などの解説が受けられ、法話も聞けます。
坐禅、法話、抹茶の体験で心を落ち着かせられます
だいとくじ だいせんいん
寺社体験|坐禅・法話など
 075-491-8346
〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町54-1

 大きな寺院は、境内に支援者や信者が建てた塔や小さな寺を多くもっています。これを塔頭(たっちゅう)といい、大仙院は大徳寺の塔頭の一つです。心を落ちつけ、坐禅、法話、抹茶の体験ができます。静けさを破る「喝!」の声に身が引き締まります。
非公開の寺で日本の精神に触れる
むげこういん
寺社体験|坐禅・法話
 075-781-1227
〒606-8102 京都市左京区高野清水町65

 禅宗の一つである臨済宗の寺で、坐禅と法話の体験ができます。本堂はかつて3代目の京都府知事の邸宅だったということです。普段は公開されていない寺なので、歴史のある雰囲気をたっぷり満喫する特別な体験として、みんなの思い出に残るでしょう。住職は、坐禅や法話を通して日本の精神文化を学んで心を深めてほしいと語りかけます。
写経や坐禅のほか、声明(しょうみょう)の体験も
らいごういん
寺社体験|写経・坐禅・声明
 075-744-2161
〒601-1242 京都市左京区大原来迎院町537

 体験は、写経や坐禅のほか、声明(しょうみょう)の体験ができます。声明は、法要などの行事で、お経に曲をつけて唱える仏教の儀式の音楽です。仏教の宗派の一つ、天台宗では、平安時代の初めごろに高僧が中国から声明を伝え、「天台声明」として広めました。独特の調子の声明に耳を傾け、仏教音楽の原点を学んでみましょう。
歴史上重要な舞台のお寺で法話を聞ける
ほんのうじ
寺社体験|法話など
 075-231-5335
〒604-8091 京都市中京区寺町通御池下ル

 織田信長が、明智光秀の反逆により討たれた「本能寺の変」は、歴史上の大事件でした。舞台となった寺は焼け、その後、豊臣秀吉の命令で現在の場所に移りました。法話を聞く本堂講話のほか、寺の歴史やお坊さんの生活、信長との関わりなどの質問に答える研修があります。希望により、本堂清掃や正座体験などもできます。
気さくな人柄の和尚と対話
こうだいじ こうりんいん
寺社体験|法話
〒605-0825 京都市東山区下河原町529

 寺の敷地内にある小寺を塔頭(たっちゅう)といいます。高台寺の塔頭・岡林院で、気さくな人柄で親しまれる和尚(おしょう)と「対話」してみましょう。人生のさまざまな悩みや疑問を問いかけると、新しい視点から人生を見つめ直すことができるかもしれません。
六大縁起に基づいた道場で修法
うしおざん ほうごんじ
寺社体験|修行体験
 075-581-1586
〒-0 京都市山科区音羽南谷1

宝亀元年延鎮上人により開山。御本尊十一面千手千眼観世音菩薩は奈良時代の作品といわれ、天智天皇勅作の仏様で滋賀の都より移されました。法相宗の寺院でしたが、現在は本山修験宗。各行場は修験の開祖役ノ行者神変大菩薩の秘法・六大縁起に基づいた道場で、特に護摩堂は箕面山の滝窟を観想しており、その奥で役ノ行者になって修法していただけます。
尼僧修行で有名
かわさきたいしきょうとべついん りゅうげんじ
寺社体験|法話・写仏など
 075-572-9400
〒607-8172 京都市山科区大宅岩屋殿2

 女性に強く生きる力を養ってほしいとの願いから尼僧を開いた寺。「おつとめ体験」という本格的な仏事の体験ができます。まず黒い衣と白いずきんに着がえ、清らかな心でお経を唱えます。それから法話、精進(しょうじん)料理、写仏など計6時間の修行の後、法名(ほうみょう)が授けられます。
ブレスレット型の念珠制作体験
さいじゅじ
寺社体験|念珠制作など
 075-462-4851
〒616-8253 京都市右京区鳴滝泉谷町16

 江戸時代の初めに、念仏を唱えて修行するための道場として建てられました。念仏にかかせない、ブレスレット型の念珠(ねんじゅ、数珠)を作る体験ができます。境内には、寺が建てられた時にわき出したといわれる泉があります。現在、その水を利用して水琴窟(すいきんくつ)という仕掛けが作られ、美しい音色が楽しめます。
歴史あるお寺で座禅・法話体験
ほううんいん
寺社体験|坐禅・法話
 075-861-1861、090-1134-9816(携帯)
〒616-8162 京都市右京区太秦蜂岡町17番地

烏丸家、井伊家ゆかりのお寺です。坐禅または法話を体験します。坐禅では、目的や、姿勢、心の持ち方を教わります。ルールを知れば、自宅などで坐禅を行うことも可能です。継続的に行うことによって、周りにまどわされない本当の自分と自分の生き方を見つけましょう。法話も、禅に関連した内容で、仏教の教えを学びます。坐禅と精進料理の組み合わせも可能です。

検索で見つけた体験施設を保存しておき、後から見ることができる「お気に入り」機能をご活用ください。
京都「千年の心得」推進協議会 (事務局:京都市観光協会 075-213-1717)
※本ホームページの内容・写真・イラスト・地図等の転載を固くお断りします。
Copyright© Kyoto"Sennen no Kokoroe"Propulsion Council All rights reserved