体験施設一覧
すり型友禅染にチャレンジ!
きょうとでんとうさんぎょうふれあいかん

友禅染|友禅染制作など
 075-762-2670
〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9番地1京都市勧業館(みやこめっせ)B1F

 京都伝統産業ふれあい館は、京の歴史と技を伝える伝統工芸品74品目約500点を一堂に集め、体系的に紹介する国内有数の展示場(入場無料)です。
 下記の摺型友禅体験のほか、職人の実演や芸舞妓舞台なども行っています。(日程等詳細については事前にお問合せください。)
伝統の染色体験。見学も可能
おかやまこうげい
友禅染|友禅染制作・見学
 075-643-4317
〒612-0029 京都市伏見区深草西浦町8丁目2-2

 ハンカチや帯揚げに色を付ける体験です。糊(のり)で加工した布に、色を付けて描きます。水洗いや縫製などの仕上げの後、完成品を送ってもらえます。手描き友禅の制作工程を見学することも可能です。
豊かな自然の中の染織ギャラリー
しょうざんりぞーときょうと たいけんこうぼう

友禅染|型友禅染め体験
 075-491-5101
〒603-8451 京都市北区衣笠鏡石町47

 豊かな自然の中、庭園や食事施設の他、体験工房を有する複合施設です。

 型紙を使って小風呂敷を染めてみましょう。布地は4色、図柄は季節によって変わるので、よい記念に。別途料金で日本庭園の四季の花を楽しむこともできます。
自分だけのハンカチや風呂敷制作ができます
きょうゆうぜんたいけんこうぼう まるますにしむらや

友禅染|友禅染制作
 075-211-3273
〒604-8276 京都市中京区小川通御池南入ル

 京町家の工房で、はんなり美しい絵柄のハンカチや風呂敷を作りましょう。型紙を生地にあて、色をぼかしたり重ねたりして染めていけば、優しい風合いの作品に仕上がります。絵柄は草花や動物、ハート型など多数。
京都の思い出にあなただけの一枚を!
そめこうぼう しかま
友禅染|友禅染制作
 075-821-1566
〒602-8121 京都市上京区大宮通下立売上ル家永町

 手描きの温かな味わいを大切にする工房で、40年近くこの道一筋という伝統工芸士が染色体験を指導します。

 修学旅行生にはお手軽なハンカチやエコバック(手描き友禅・振り友禅)の制作もあります。(2名から受付)

周辺には二条城や京都御苑、北野天満宮など名所がたくさんあります。散策の途中に是非お立ち寄りください。
友禅染の伝統技術、「伸子(しんし)張り」
きひらはり
友禅染|友禅染見学
 075-231-6692
〒604-0072 京都市中京区油小路通夷川上ル

 着物の生地をピンと張る「伸子(しんし)張り」の作業を見学できます。伸子とは先のとがった竹軸のこと。これを少し曲げて布の両端にひっかけ、弾力で生地を伸ばします。友禅染の伝統技術の工夫がよくわかります。
着物文化を支える引染に親しむ
きょうわせんしょくこうぎょうゆうげんかいしゃ
友禅染|友禅染制作・見学
 075-841-2159
〒604-8812 京都市中京区壬生相合町1-9

 引染とは着物を作り上げる工程の一つで、地色を染める作業のこと。布を水平に張り、染料を刷毛(はけ)引きします。この引染の工程を見学でき、帯上げやスカーフを染める体験もできます。見学・体験とも事前にお問い合わせください。
手書き友禅染のすべてを見学。体験も
とみひろせんこう ふじいひろしのきものこうぼう
友禅染|友禅染見学など
〒604-8125 京都市中京区蛸薬師通新町西入不動町175‐9

 下絵から染め、仕上げまでの工程を一貫して行う、友禅染作家の工房。上品でみやびやかな作品を作り上げる手描き友禅染の制作を体験してみましょう。
家紋の染めを間近で見学
あつらえもんのり かめき
友禅染|友禅染見学
 075-351-6665
〒600-8484 京都市下京区高辻通油小路西入ル

 結婚式など正式な場で着る着物には、背中などに小さく家紋がついています。その紋はどうやって描かれるのでしょう。型紙と糊(のり)を使って、小さな家紋を染め分ける職人の手仕事を間近で観察しましょう。
職人芸の手際良さに感心
まるせんこう
友禅染|友禅染見学
 075-861-1393
〒615-0912 京都市右京区梅津構口町34

 型紙を使い、図案おこしから始まる型紙友禅の工程を見学できます。型紙を布に当てて模様を付ける「型置き」の作業も、事前にくわしい説明を聞いてよく理解できます。手際のよい職人芸に伝統の奥深さが感じられます。
柿渋紙で自分で彫った作品作りを
わだぜんこうぼう
友禅染|友禅染制作
 075-382-0610、携帯090-3718-8758
〒615-8161 京都市西京区樫原蛸田町45番地55

京友禅染型彫刻の伝統工芸士の和田のお手伝いで、彫刻と染が体験できます。描いたイラストが柿渋紙の染型になり、自分で彫刻刀を使って彫ります。作品と彫った染型は持ち帰れます。価格は材料費込み。希望の素材や特殊な図案加工等はご相談を。染体験は染料が付いてもよい服装で、エプロン持参でお越しください。

検索で見つけた体験施設を保存しておき、後から見ることができる「お気に入り」機能をご活用ください。
京都「千年の心得」推進協議会 (事務局:京都市観光協会 075-213-1717)
※本ホームページの内容・写真・イラスト・地図等の転載を固くお断りします。
Copyright© Kyoto"Sennen no Kokoroe"Propulsion Council All rights reserved