京都市上京区の体験施設一覧
茶道文化を体感できる美術館
ちゃどうそうごうしりょうかん

伝統文化体験|茶道体験
 075-431-6474
〒602-0073 京都市上京区堀川通寺之内上る寺之内竪町682番地 裏千家センター内

 茶道具や美術工芸品を中心とする企画展のほか、草庵風四畳半で裏千家を代表する茶室「又隠(ゆういん)」内部の写しを展示する美術館。入館者には呈茶があり、1週間前までに電話予約をすると、椅子席でお茶の点て方、いただき方などの体験ができます。
茶道関係の図書を閲覧できる今日庵文庫を併設。また、「茶道文化検定」を実施(平成28年は11月20日)。
西陣織のすべてを紹介 見学だけでなく手織体験も
にしじんおりかいかん

西陣織|西陣織製作
 075-451-9231
〒602-8216 京都市上京区竪門前町414番地

 きものショーや職人による手織実演見学など、西陣織のすべてが分かる施設。ミニ手機でテーブルセンターを製作する体験や、純国産絹糸でマフラーを織ることもできます。
老舗で自分のお好みの香りを作りましょう
やまだまつこうぼくてん

各種伝統工芸|匂袋制作など
 075-441-1123
〒602-8014 京都市上京区室町通下立売上ル

 江戸時代の中期から続く老舗。和の香りが立ち込める中で、匂袋または煉香(ねりこう)を作る体験です。香原料をお好みに合わせて混ぜ、日本古来の香りを作ります。たった1つしかない自分だけの香りを目指しましょう。
京菓子を自分の手で作ることができる
ゆうそくがしごちょうしんじょ おいまつ

京の味|和菓子手作り体験
 075-463-3050
〒602-8395 京都市上京区北野上七軒社家長屋町675-2

 京菓子職人から技法などの説明を受けて、5個の生菓子を作ります。作った生菓子のうち、1個はその場でお抹茶と一緒に試食。残りはおみやげとして持ち帰れます。興味深い和菓子の話や歴史の話なども職人がしてくれます。
伝統のくみひもでオリジナルのストラップ制作
あだちくみひもかん

京繍・京くみひも・京房ひも|京くみひも制作・見学
 075-432-4113
〒602-8012 京都市上京区出水通烏丸西入ル

 好きな色糸のセットを選んで、くみひもを作ります。房をつけるなどの仕上げを経て、当日持ち帰り可。みんなに人気の携帯ストラップコースのほか、髪飾りコースなどがあります。くみひもに関する資料展示もあり。
京都でふれる伝統文化の数々
あど・きょうと(でんとうぶんかたいけんへん)

伝統文化体験|念仏狂言鑑賞
 075-221-8880
〒602-0871 京都市上京区西三本木通丸太町上ル

 昔から京都に伝わるさまざまな伝統芸能にふれる体験。狂言体験では、念仏を広めるために行われてきた「千本ゑんま堂狂言」を楽しみます。
京都でふれる伝統文化の数々
あど・きょうと(でんとうぶんかたいけんへん)

伝統文化体験|京舞鑑賞
 075-221-8880
〒602-0871 京都市上京区西三本木通丸太町上ル

 昔から京都に伝わるさまざまな伝統芸能にふれる体験。京舞体験では舞妓(まいこ)のあでやかな京舞を鑑賞します。
伝統的な町家を活かした手織りミュージアム
おりなすかん ざいだんほうじんておりぎじゅつしんこうざいだん

西陣織|西陣織制作・見学
 075-431-0020
〒602-8482 京都市上京区浄福寺通上立売上ル大黒町693

西陣の町家は天井が高く、店・工場と住居が一緒になっています。そんな西陣らしい雰囲気を味わえるのが織成舘。伝統的な織屋建を活かした手織りミュージアム。復原の能装束、時代衣装、全国の手織物が見られます。敷地内の協力工場では、帯の手織工場も見学でき、予約をすれば、小型の手織機で体験もできます。
京都で日本を、能を体験しよう!
かわむらのうぶたい のうがくおもしろこうざ

伝統文化体験|能鑑賞・体験
 075-722-8716
〒602-0000 京都市上京区烏丸通上立売上ル

 難しい、わからないと思っている能の世界を、いろいろな角度で参加・体験できるプログラムです。

 能に関するおもしろい話をしたり、能面を見たり、一緒に謡や能の歩き方の練習をしたり、和楽器の解説・体験も。実際に能を見ることで、能の気迫を感じることができます。
能楽を知る良い機会。色々学べます
こんごうのうがくどう

伝統文化体験|能鑑賞・体験
 075-441-7222
〒602-0912 京都市上京区烏丸通中立売上ル

 能楽の流派の一つである金剛流は、関西に活動の拠点をおく唯一の流派です。能楽師による解説のほか、能の音楽である謡(うたい)の謡い方をはじめ、舞台に上がって舞や狂言の動きを体験します。能装束の着付け見学や、能楽鑑賞なども魅力的です。
西陣織の全てがここでわかります
にしじんおりかいかん(いしょうきつけたいけんへん)

衣装着付け体験|十二単・舞妓着付け体験
 075-451-9231
〒602-8216 京都市上京区竪門前町414番地

 きものショーや職人による手織実演など、西陣織のすべてが分かる施設。十二単(じゅうにひとえ)や舞妓(まいこ)などのきもの体験もでき、小紋のきものでは京の街を散策することもできます。
明治時代にタイムスリップしよう
にしじんくらしのびじゅつかん とんだや

伝統文化体験|町家見学など
 075-432-6701
〒602-8226 京都市上京区大宮通一条上ル

 京都&古い家に息づくしきたりは、不思議がいっぱい。呉服問屋ならではの洗練された絹の着物を着て、京都人の暮らし方を知り、130年の歴史・文化を存分に見学、茶席でお茶を一服したのち、手作りの伝統弁当をゆっくりと味わいながら時間を過ごすなど、日本文化のすべてが体験できます。
京都ならではの人気コケ玉体験
はなこうぼう

工芸制作体験|コケ玉体験
 075-414-8700
〒602-0903 京都市上京区烏丸通今出川下ル観三橋町562-3

京都御所の隣にあり、店内には色合い豊かなお花、観葉植物を置いております。その楽しい店内で行うコケ玉レッスン!実際に土を触り生きている植物の根や葉を見て作ること、そして水をやり育てる事の楽しさを通じ、いのちの大切さを感じて頂けたらと思っております。ぜひご来店お待ちしております!
紫式部に思いをはせる写経体験
ろざんじ

寺社体験|法話・写経
 075-231-0355
〒602-0852 京都市上京区寺町広小路上ル

 平安時代に源氏物語の作者、紫式部の邸宅があった跡といわれます。境内には白い砂と緑の苔(こけ)とのコントラストが美しい「源氏の庭」や、紫式部の歌碑があります。法話と写経の体験ができ、物語を書いている紫式部の姿に思いをはせながら、法話に耳を傾け、写経の筆をとれば、よい思い出になることでしょう。
自分だけの和紙あかりを創る
あかりでざいんこうぼう
京念珠・人形・和紙工芸|和紙工芸制作
 075-496-8835
〒602-8365 京都市上京区下之町422番地

あかりの制作工房でやさしい風合いの和紙に触れ、素敵なあかりを作ります。スタンダードコースは4種類、ライトコースは1種類の基本デザインをご用意。オリジナルのアイデアや創作を盛り込んで、お気に入りの1台を。気の合うご友人同士やご家族での参加も大歓迎。また、心をこめて作ったあかりはプレゼントにもたいへん喜ばれます。
本格的着付け
きものれんたる とりよし
衣装着付け体験|着物着付け体験・散策
 075-451-2151
〒602-8296 京都市上京区千本通一条上ル北伊勢殿構町675

 京都を歩くには、着物がピッタリです。西陣にあるこの店では、着付けを体験、髪結いも無料で致します。着物の小物などはすべて用意され、着物姿のまま北野天満宮や金閣寺、二条城、清水寺などの散策へ。古都に溶け込み、昔から京都に住んでいるようなゆったりした気分が味わえるでしょう。
丸盆制作で京都の思い出作り
きょうしっき まきえひらの
京漆器・金属工芸|京漆器制作
 075-406‐7014
〒602-8495 京都市上京区寺之内通千本東入新猪熊町415

 30cmの丸盆に加工する体験。まず草花や小動物など図柄サンプルを選んで下絵を描きます。そこに金粉をまいて、かぶれない色漆(いろうるし)で彩色します。持ち帰って自宅で使えば、そのたびに旅の思い出がよみがえります。
色んな房ひもの見学。制作体験も
きょう・ふさとひも みやもと
京繍・京くみひも・京房ひも|京房ひも制作・見学
 075-441-6148
〒602-0933 京都市上京区武者小路通室町西入ル

 「房ひも」は人形やお守りの小さな房から、祭りの大きな飾り房までさまざまな装飾品として使われています。ひもを作る工場を見学した後、ひもの飾り結びを体験します。叶(かのう)結び、菊結びなど昔から伝わる結び方を教わり、2〜5種作ります。それらを組み合わせて、ストラップやキーホルダーに仕上げれば完成です。
雛人形の制作現場や商品の見学
けいほさく あんどうにんぎょうてん
京念珠・人形・和紙工芸|ひな人形見学
 075-231-7466
〒602-8034 京都市上京区油小路通丸太町上ル

 創業百年以上の伝統を守る人形作りの老舗。夏から秋までの期間はひな人形の制作現場や完成商品の展示をゆっくり見学できます。雛人形の歴史も学べます。
掛け軸の製作現場見学と体験
さかぐちおりものこうぼう
西陣織|西陣織見学など
 075-461-5014
〒602-8392 京都市上京区御前通今出川上ル

 観音様や仏様を織り込んで、宗教用の掛け軸を制作する工房。その制作現場を見学し、一部の作業を体験させてもらえます。

 大きな手織り機でたくさんの糸を操って、ひと織りひと織り、複雑な絵柄ができあがっていく様子は何とも不思議で見ごたえがあります。
親しみやすい「お豆腐狂言」
しげやまきょうげんかいじむきょく
伝統文化体験|狂言鑑賞
 075-221-8371
〒-0 京都市上京区(宿泊先での体験です)

 茂山千五郎家の狂言は、豆腐のように誰にでも喜んでもらえる、庶民の味を目指した「お豆腐狂言」で知られています。宿泊先や能舞台で鑑賞および体験教室を開催しています。

 京都に来られたときは、当家の狂言をご覧いただき、「和(わ)らい」をお持ち帰りいただければ幸いです。
プロが教える町家のお琴体験教室
そうしゅんあん
伝統文化体験|和楽器体験
 075-801-4652
〒602-8162 京都市上京区出水通土屋町東入る東神明町288-2

築110年の西陣の町家「箏春庵」では下鴨神社専属のプロの演奏家が講師を務める「琴体験教室」を開いています。お子様からご年配の方までどなたでも楽しく「さくら」が弾けるようになります。体験に必要な物は全て用意されており弾いた楽譜は持ち帰れます。お茶を飲みながら講師の演奏を聞いたりゆっくり体験できます。
京都の思い出にあなただけの一枚を!
そめこうぼう しかま
友禅染|友禅染制作
 075-821-1566
〒602-8121 京都市上京区大宮通下立売上ル家永町

 手描きの温かな味わいを大切にする工房で、40年近くこの道一筋という伝統工芸士が染色体験を指導します。

 下絵が描かれた白生地(正絹)から好きな図柄を選び、筆により、色を挿していく「友禅挿」という技法で、友禅後お好きな地色を選び、金加工を施して、郵送にて約1カ月でお届けします。

 修学旅行生にはお手軽なコースターや巾着、エコバック(手描き友禅・振り友禅)の制作もあります。(4名から受付)

周辺には二条城や京都御苑、北野天満宮など名所がたくさんあります。散策の途中に是非お立ち寄りください。
かれんな小花をひと針ひと針
なかむらししゅう
京繍・京くみひも・京房ひも|日本刺繍制作
 075-431-5410
〒602-0057 京都市上京区上立売通堀川東入ル

 日本刺繍(刺繍)のふくさ・半衿・はしぶくろの体験ができます。小花の刺繍で、好きな色の絹糸を選び、金色で描かれた下絵の枠の中をひと針ひと針ていねいに刺していくと、絹糸の色と輝きが美しい作品ができあがります。
自分だけのの紋紙(もんがみ)を
にしじんいしょうもんがみこうぎょうきょうどうくみあい
西陣織|西陣織制作・見学
 075-441-3746
〒602-8446 京都市上京区五辻通大宮西入ル

 色紙サイズの紋紙(もんがみ)を作ってみましょう。紋紙は織物のデザインを織り機に指示する道具で、現在はコンピューター化のために消えつつある貴重な技術です。体験後、紋紙は持ち帰って壁かけに。見学のみも可。
日本最高峰伝統文化の体験学習♪
にほんさいこうほうのでんとうぶんかをまもるぷろじぇくと
伝統文化体験|社会貢献型体験
〒602-0000 京都市上京区堀川通寺之内上る418

宮家御用達や西暦六百年代起源など、考えられる最高の素材や老舗職司のノウハウで研修。海外セレブからちびっこ親子までOK。産学民連携して挑む『文化を守って能力開発する』アカデミックな社会貢献型体験です。主催:京の大学国際ビジネス研究会 協力:京都最高峰&最古格伝統文化御職司方、京都大學茶の湯文化研究會他
京都の町家の有効活用について学べる
まちやくらぶねっとわーく
おもしろ学習・企業・京のまち・その他|町家見学など
〒602-8298 京都市上京区一条通浄福寺西入泰童町288

 京都の西陣地区で、町家の有効活用を支援する団体です。スタッフが、町家活用の取り組みについて説明。京都の町家に「住みたい人」と、「住んでほしい家主」の間で橋渡しする活動の体験談などが聞けます。また近くの町家を見学し、昔からの住居であるとともに仕事の場としても使われてきた町家の構造なども学びます。
町家で手びねり、陶芸家気分に
よねざわこうぼう
京焼・清水焼・各種陶芸|京焼・清水焼制作
 075-467-3935
〒602-8356 京都市上京区三助町280-4

 京都に現存する数少ない織屋建(おりやだて)建築の町家工房で、陶芸体験ができます。手びねりという技法で作りたいものを自由に作れるほか、20種近くある見本から選んだうわぐすりに合わせて、使う粘土の色も変えるため、質感のある味わい深い作品に。
西陣織の職人技を見学できます
わたべせいけい
西陣織|西陣織見学
 075-451-7172
〒602-0051 京都市上京区上立売通小川西入ル

 西陣織を織る前の工程、整経(せいけい)を見学しましょう。整経とは、西陣織のベースとなるたて糸の、必要な長さと本数をそろえること。「1本の糸も切らない」で数千から1万本以上もの糸を扱う職人技はお見事。

検索で見つけた体験施設を保存しておき、後から見ることができる「お気に入り」機能をご活用ください。
京都「千年の心得」推進協議会 (事務局:京都市観光協会 075-213-1717)
※本ホームページの内容・写真・イラスト・地図等の転載を固くお断りします。
Copyright© Kyoto"Sennen no Kokoroe"Propulsion Council All rights reserved